いざという時のキャッシング!初めての借入の人が見るべきポイントは?

消費者金融からお金を借りると言う事はあまり良い印象はもてないかもしれませんが、しかしいざというときには本当に便利な存在でもあります。とくに、結婚式などの急な予定が立て続けに入った場合など、お金が無いという理由で欠席したり、ご祝儀を払わないなんて事はできませんので、そういうときに迅速にお金を借りる事ができる消費者金融のキャッシングは役に立ちます。

身内や友人の一生に一度の晴れの舞台をお金が理由で祝ってあげられないなんて事になったらとても惨めだし、人間関係も壊れかねませんからね。もちろん、ある程度の貯金を蓄えておくのが理想なんでしょうが、特に若い頃はなかなか収入的にも厳しいですし、遊びたい時期でもありますので余裕のない人も多いと思います。そして、そんな時期に同世代の結婚も多いですよね。ですから、若い頃はいろいろと金銭的に大変な場面も多いですが、万一の備えとして賢いキャッシングの利用も考えておくと心理的にも余裕が持てていいのではないでしょうか。

主婦には大問題?総量規制ってなーに?

いま消費者金融などのキャッシング業界で話題沸騰な存在があります。実際にあまりいい意味ではないものです。それは総量規制というものです。総量規制というものですが、その名の通りに規制をしていくものになります。いままではお金を貸すということにつきましては、特に決まりというものがありませんでした。額としましても、貸金業者のほうが大丈夫だと思ったものを借入限度額としていたのです。

しかし、その状況が大きく変わったのがその総量規制というものです。その規制の中身ですが、借入額については年収の3分の1までということになります。ですから年収が300万円の方は100万円を超えるような借入れができなくなります。さらに50万円以上の借り入れがしたい時には収入証明という、いまの収入を確認できる書類が必要になってきます。

50万円以上の借り入れを希望される方はしっかりとそちらを用意されまして審査を受けるとよろしいでしょう。そうしますと、70万円や100万円といった限度額がいただけることがあります。

利息はいくら?きちんと返済量を把握しよう!

キャッシングをする時ですが、誰しも気にしてしまうのが利息額です。返済に関わってくるのがその利息額ですので、しっかりとチェックしておく必要があります。利息額がおおきなものになればそれだけ返済の負担も増えるということになります。返済の負担が増えれば、長期的な返済になってしまいます。そこでキャッシングの利息の平均額というものを確認しておきましょう。

具体的には、消費者金融からのキャッシングの場合は、年利で20パーセント弱になります。かなり高い額に見受けられることでしょう。実は法律の定める利息額の上限いっぱいに近い形となります。消費者金融系の貸金業者はそういった強気の金利を設定しています。

ちなみに銀行からのキャッシングの平均利息は15パーセント前後です。やはり諸費者金融などと比べると銀行からのキャッシングの方が有利というわけです。また利息は大きな額を利用すればするほど低くなります。100万円や200万円の利用となれば、数十万円の借入れの金利よりも有利になります。

Copyright (C) お金がない!緊急借入なう! All Rights Reserved.